ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プロビジョナルレストレーション | main | レムココドットコム >>
2012.05.17 Thursday

CAD/CAMカスタムアバットメント

 







ちょっと前までカスタムアバットメントは金合金の鋳接が主流だったと思います。
ゴールドシリンダーにワックスアップして鋳造。
始めの頃は失敗したら。。のプレッシャーを感じながらの仕事でした。
アルコールで脱脂してスプーリングを工夫し係留温度を上げてなどで、
今ではなめられ、オーバーフローの失敗なく仕事が出来るようになりましたが
いまだに少し緊張致します。

それがCAD/CAMでのチタン合金の削りだしに変わりました。
適合、精度良く、そして生体親和性の良さ。
何より加工代金がかなり安くなりました。メーカーの既成チタンアバットメントと
ほぼ同等の値段。
もう金合金の鋳接は終わった?
嬉しいような、寂しいような。。

この仕事は今後どんどんデジタル加工に変わっていくのでしょうね。



チタン合金はミリング〜最終研磨までとにかく低回転での削合がきれいにあげるコツです。


Powered by
30days Album