ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジルコニアレアリングクラウンのカットバック | main | ウルトラトランスとハイトランスのいいとこ取り >>
2016.03.16 Wednesday

高透光性ジルコニア


新しく松風から発売された高透光性のジルコニアブロック ZR-SS ルーセント

近年、フルカウントゥアジルコニアクラウン用の高透光性のジルコニア材料が各社から販売されています。
原材料は東ソーのZpex Smileで、最初に発売されたのはジルコンザーンのプレッタアンテリアだったと
思います。  その後、続々と高透光性のジルコニアが発売されました。
日本ではベレッツァのハイトランスが一番早く発売されましたね。

今回の松風のジルコニアブロックも同じ系統と思われますが、色調が5層になっていてマージン部から切縁部にと
グラデーションがついています。
この松風のジルコニアは赤みがあり透明感がある割に暗くない感じがします。
まだ口腔内にセットされたクラウンを確認していませんが、良い感じです。





こちらも新しく発売されたプレッタアンテリア用アクアレル。高透光性ジルコニアのシンタリング時の着色に使用します。

またシンタリング着色液の種類が増えて行きます。着色液で冷蔵庫の中はもう一杯。
さて初期の古い着色液どうにかするか?










ZR-SS ルーセントって製造元はアダマンドなんだ。
てっきり松風でブロックも作っているのかと。。





追記
超高透光性ジルコニアって言うのですね。超です。。


 
Powered by
30days Album