ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< IPS e.max CAD-on | main | 12月に突入! >>
2012.11.05 Monday

ダイヤモンドバー


 
MDT 技工用ダイヤモンドバー

ジルコニアを削合時、最近ではもっぱらMDTのFGバーを使用しております。
以前はZIRCOLINEやGCのダイヤモンドバーを使用していました。

MDTは使いやすくその上価格がかなり安いです。

従来品の2倍以上の接着強度を有し、ダイヤモンドが剥がれにくいそうです。
芯振れもなくそこそこ持ちます。おすすめです。


持ちが良く使いやすいのがジルコンザーンのDiamond Ber203 。
フラットエンドでマージン付近内面やショルダー部内面の適合調整に最適です。
セットについて来たバーですが1本でいまだに現役です。しかし新しく購入するには
あまりにも高い。。

代わりに最近ではこのMDTの019-012Fのインバーテッドをマージン部内面の適合調整に
使用してます。 5本入りで定価750-です。

ジルコニアにはFine、もしくはExtra Fineが使いやすいようです。

ちなみにMDTのバーはイスラエル製です。











本日、ヘラセラムジルコニアの注文致しました。
徐々に新しい陶材の使用始めます。。




Powered by
30days Album