ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< デケマの修理 | main | IPS e.max CAD-on >>
2012.11.01 Thursday

HereCeram Zi

 
HeraCeram Zirkonia First-Touch

講習会に参加してから、忙しくて手をつけられないままでいました。
今回、ヘラセラムを貸し出して頂きましたのでいろいろと試しております。
ありがとうございます。







削りだし後ジルコニアブロックの不要になった辺縁残りをカットバックして、
簡単なフレームを作り築焼成しました。
簡素な築焼、色も限られた条件ですので細かくは勘弁して下さい。

とりあえずアナログ方法でトンカチで数10打して割ってみました。

2番がかなり剥がれているようですが、マイクロスコープで確認しますと、アドヒーシブは
しっかり残っていますし、その上に薄く陶材も介在している様子がみえます。
ヘラセラムの強度はとても優秀に思います。

毎回新しいジルコニア陶材を導入するたび、同じようなアナログなテストを自分なりにしております。
正しい方法かわかりません。。
それでも現時点で自分なりのベストな選択はして行きたいと思っております。
そして自分で納得が出来る確認が出来、初めて臨床で使用出来るものと思っております。


まだ途中経過ですが。
十数回焼成してみたり、炉内で超時間除冷してみたり。
あんな事やこんな事をしております。





Powered by
30days Album