ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エアータンク | main | デケマの修理 >>
2012.09.05 Wednesday

ジルコンザーン

 
シンタリング焼成前の着色。
久美子さん、多数歯ジルコニアブリッジの依頼が多くなってきました。



最近 ジルコンザーンってどうなの?っとよく質問されます。

今年の9月でジルコンザーンを購入してから丸2年になりました。
2、3年前はメーカーも日本ではあまり知られていなかったので、
少しは認知されてきたのでしょうね。

ジルコンザーンは超アナログです。
マンパワーで製作。手間と時間がかかります。

しかし、
精度がとても良いです。
そして術者のイメージする通りに製作できます。









ミリングの最終では、耳で削合音を聞きとりながら小さな削り残しがないか確認します。
時代と逆行しているようなアナログな作業です。


でもミリングの作業は楽しいですよ。無心になれます。。




Powered by
30days Album