ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 義歯床製作システム | main | ジルコニアブリッジ11歯連結 >>
2012.07.25 Wednesday

ヘラセラム 第3世代ジルコニアセラミック

 

HeraCeram Zirkonia

先日、友人と私たち夫婦とでヘレウスクルツァーの研修会に参加してきました。
昔のお茶の水研修センターには随分通いましたが、今回の研修センターは初めてです。
またしても本郷です。某メーカーさんの向かいにありました。

帰りはちょっと一杯が、結局友人と3人でかなり呑んでしまいました。

研修会の内容はヘラセラム ジルコニアフレーム用陶材のハンズオントレーニングです。
メーカーが第3世代ジルコニアセラミックと謳っていますのでとても興味がありました。

専用のアドヒーシブを高温で焼き付けてフレームと強固に結合。(1050℃で10分係留)

高純度の合成クォーツを使用している。

安定化リューサイトが入っている。

早い昇温率(100℃/分)除冷必要なし。

焼成を繰り返しても熱膨張係数が変化しない。

など他と違う特徴を有しています。
また従来のジルコニア陶材より剥離、クラック、チッピングなどにかなり強いとの事です。


私見です。

講師の先生のお話やサンプル、製作した感じですが

インサイザルの透明感、質感はとても良い。

海外の陶材によくある AシェードでもややB系に振れている感あり。

通常と異なる多色盛りに慣れが必要。築盛によっては暗くなる?

実際の強度は不明ですが削合した感じでは粘りがあるように感じられ、切縁などチッピングは有りませんでした。

全体的にヘラセラムはとても好印象でした。






講師の先生には夫婦共々とても親切丁寧にご指導して頂きました。
どうもありがとうございました。
またスタッフの方、ご一緒させて頂いた方々、お世話になりました。
ありがとうございます。




現在、ジルコニアの陶材だけで3種類所有しております。。
さて、、、どうするか。












Powered by
30days Album