ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GZクラウン | main | ジルコニアフレームのサポート形態 >>
2012.05.22 Tuesday

ジルコニアクラウンの維持





フルジルコニアクラウン 維持付き

最後臼歯など支台歯長がとれない場合、維持溝を付けたり、穴を掘りドーナッツ状の支台歯形態に致します。
現在のCAD/CAMでのクラウンは、そうした支台歯をスキャニングできない為に製作出来ません。
ジルコンザーンでは、倣い加工ですので維持が付いたモックアップクラウンを、正確にトレースしミリングすることが出来ます。
その他、インレー、インレーブリッジ、前歯隣接舌面板のブリッジ(メリーランドブリッジ)など従来のメタル鋳造で製作可能な補綴物に対応出来ます。



Powered by
30days Album